Our Products

毎日飲める、安心なプロテインを

一般の方によく質問されるのは、プロテインは一般の人でも飲んでいいのか? 子供が飲んで害がないのか? などです。本来は食品に分類されるものですから、誰が飲んでも問題はありません(医師にタンパク質の摂取を制限されている方や乳、大豆アレルギーのある方は別です)。しかし、ドラッグストアやネットで売られているプロテインのほとんどは、ケミカルな雰囲気もありますし、様々な成分を配合し、アスリートやダイエッターの方が飲むように売られているので、やはり心配される方が多いのも事実。

私たち、プロテイン工房とはらから福祉会「登米大地」がプロテインづくりを始めたのは2015年ですので、業界では新参者ですが、お豆腐などの健康食品を20年前から製造してきた経験から、他のサプリメントメーカーとは違う、なるべく余計な添加物を抑え、誰でも飲める、毎日飲める安心のプロテインづくりを目指そうと目標を立てました。

プロテインの製造は一般の方が思うよりも実はシンプルで、原料となるタンパク粉末と甘味料、乳化剤、香料などを混合するだけで可能です。しかし、シンプルだからこそ奥が深く、原料の質によっては、過剰に添加物を配合しなければならず、数えきれないほどの試作を繰り返し、添加物などを最小限に抑えつつも、美味しく飲めるプロテインの基本レシピ(配合)を作ることができました。

私たちは安心して飲める良質なプロテインを、一つ一つ心を込めて作ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

はらから福祉会 登米大地(とめだいち)
〒989-4601 宮城県登米市迫町新田字山居38-1

施設長 佐藤弘志

登米大地メンバー

登米大地は、B型就労支援施設です。知的障碍者の就労を支援することが目的で設立され、大豆製品からプロテインまで、幅広く食品を製造しております。ひとつひとつハンドメイドですので、製造量は多くありませんが、心を込めて作業をしております。

製造工程

調合の確認と試作

本製造の準備:パッケージのラベル貼りをします

配合と混合:原料を指定の配合量混ぜ合わせます

充填:人の手で1つ1つ充填していきます

計量:二人以上で計量を行います

圧着:袋のシーリングを行います

清掃:袋をきれいにします

箱詰め:なるべく最小限の送料で済むように丁寧に梱包します

出荷

社会貢献のできるプロテインを目指して

プロテイン工房は、御社の利益を最大化するお手伝いと同時に社会に貢献できるプロテインづくりを目指しており、障害者の雇用と自立をサポートする仕組みの中で、プロテインを製造しております。

これからは、自己満足のフィットネスから、誰かを支えるフィットネスへと進化する時代。ぜひ一緒に日本を元気にしましょう!